ラーメン屋が涙する産卵鶏の一生

■2015/08/15 ラーメン屋が涙する産卵鶏の一生
ラーメンのトッピング№1の素材、卵。

これを提供してくれる鶏は大変な一生を送ります。
私もラーメン屋として、彼女たちがどんな生涯の中でこの素材を提供してくれているのかを知る必要があると思い、調べました。

産卵用の鶏は、当然メスだけが卵を産みます。ですからオスの雛は、飼料や施設を余分に消費しないようにすぐに処分されます。良質なタンパク源として加工処理され、他の動物の飼料になったり縁日で売られたりします。
見た目でオス・メスを識別するのでたまにメスが混じることもあるそうです。

選別されたメスは温度・湿度・換気が完備されたところで、21日~28日を過ごします。その後孵化後150日ぐらいで卵を産み始めます。

産卵鶏の産む卵の数は、年間300個ほど。人間より休みが少ないですね。
400個以上の卵を産むと、疲れが出始め休産日が増えます。群れごとの経済効率が落ちます。そうなるといっせいに処分です。

どんなに「若い者にはまだまだ負けない」と頑張ったところで、仲間の鶏の卵を産むペースが落ちれば一斉解雇なのです。

こうして2年ほどの人生、いや鶏生を終えます。
そしてソーセージに混ぜたりペットフードになったり、はたまた土に埋められりします。

私たちが恩恵を受けている卵は、彼女たちの壮絶な鶏生の賜です。感謝の念を忘れずに大切に使っていきたいものです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
とんこつラーメン 七志(株式会社ナナシフードサービス)
http://www.nanashi-food.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市青葉区もえぎ野28-6
ファルマコハウス201
TEL:045-507-6100
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/Odxpi1
Twitter:http://goo.gl/80IkHY
mixi:http://goo.gl/Mi0osl
アメブロ:http://goo.gl/ewwx7D
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆