中国天津でのフランチャイズ店日記④

■2019/01/11 中国天津でのフランチャイズ店日記④
中国天津でのフランチャイズ店、「七志らーめん濱賓伊勢丹店」に着いた時には、キッチンスタッフがすでに仕事を始めていました。

キッチンスタッフ、チンさん、チョウさん、タウさんの3人。これにオーナーの李さんが加わって、総勢4名です。

飲食経験があるのはタウさんで、チンさんが少々経験あり。
オーナーの李さんが十数年前に日本に留学中に、七志でアルバイトしていた時に少々経験しています。

正直、このメンバーで伊勢丹の中の店舗をオープンするのは、本当に大丈夫かな?と、思いました。
かなり不安です。

私がいなくなったらできない→私が日本に帰れない。

そんな事にでもなったら一大事(笑)。
私は中国語が一切できませんから、生活にも不自由を強いられます。

とにかくトレーニングあるのみです!


お店はまだ仮囲いしたままで、囲いには宣伝文句と募集の情報が…。

月額3500元というと、1元が16円だと日本円で56000円。日本の1/4から1/5の給料のようです。

ラーメンの値段は45元。日本円で720円。
日本より少し安いぐらいの設定です。

とにかく、価格に見合う品質やサービスを提供できるように、トレーニングをしていくしかありません。


麺の試食やゆで時間の設定、スープの完成形の試飲やラーメン醤油のレシピ確認。

想像を絶する困難を極めました。

何しろ日本の食材はほとんど使えません。
東日本大震災の福島の原発事故以来、日本の食材の受け入れには、相当厳しい規制があるからです。

いやー、日本の食材が危険だなんて未だに思われているのは、日本人の私にはチョットショックです。

とにかく、現地で売っている食材のみで、七志らーめんの味を再現しなければいけなのです。

私より一週間早く来ていた総料理長が、ほとんど固めておいてくれましたが、不安だらけです。

そして…ここから後の苦悩は、私の想像をはるかに超えて行ったのです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
とんこつラーメン 七志(株式会社ナナシフードサービス)
http://www.nanashi-food.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市青葉区もえぎ野28-6
ファルマコハウス201
TEL:045-507-6100
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/Odxpi1
Twitter:http://goo.gl/80IkHY
mixi:http://goo.gl/Mi0osl
アメブロ:http://goo.gl/ewwx7D
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆