七志らーめんのこだわり

お客様にとことん満足していただくため七志の極意を守り一杯一杯のらーめんを丹精込めて作り上げるのが信条

熟練の職人が毎日仕込む

臭み・雑味を取り除き香ばしさへのこだわり

スープ

究極のとんこつらーめんの極意

その一
1キロのゲン骨から3人前しか取れない。 臭みの無い濃厚でまろやかなスープにするため、 丹念な下処理とアク抜きに3時間を費やす。
その二
手間を惜しまず10時間かけて、 グツグツと強火で煮込みコクと旨みを出す。
その三
味の分岐点。火を止めるタイミングが 5分遅れても100点が0点になってしまう。

最後に、スープの完成は必ず目で判断する。
職人の目が勝負を決める。納得のいくスープができるまで店は決して開けない。
あっさりなのに、臭みがなく濃厚でまろやかなスープ。
作りたてだけが持つ風味とコク、キレをぜひ、ご堪能あれ。

麺に使用する小麦粉は北海道産厳選の一等粉を中心に数種をブレンド。 つるつるの喉ごしと強いこしを併せ持つ。 切り刃十六番のストレートで切り出す麺。 伸びにくく、濃厚なスープが適度に絡む。 食べ始めから終わりまで、変わらぬ小麦の風味と食感が楽しめる。

叉焼

ジューシーな叉焼は良質の豚肩ロースを使い、熱湯で短時間煮込み余分な脂肪を取り除く。さらに創業以来の継ぎ足し甘醤油で3時間煮込む。火を止めて一晩寝かせると、継ぎ足し甘醤油が肉の中まで浸み渡りコクが増す。お酒のおつまみとしても最高の叉焼。

焙煎だれ

七志らーめんの風味、香ばしさと奥深さは厳選したにんにくやゴマをミキサーにかけ、油と共に素早くかき混ぜ焙煎することで生まれる。ここが一番難しく、火入れが少ないと生臭く、焦がし過ぎると苦味が出てしまう繊細なラーメンの風味に影響する最大の難所。全体の色合いを見ながら火の調節、かき混ぜをしながら黄金色になったところで火を止め、ごま油を加えて仕上げる。七志らーめんの個性と風味を作り上げる大切な焙煎だれ。

七志の安全と安心

東日本大震災に関しまして

■トレーサビリティ

米(こめ)トレーサビリティ法施行に伴う産地情報

●産地情報
当社で提供している米飯類については、すべて国産米を使用しております。

※注意事項※
メニュー変更や原料変更に伴う産地情報は予告無く変更される場合があります。

■アレルギー物質の表示

※注意事項※
・製造時、店舗での調理・盛付の際には細心の注意を払っていますが、
他のアレルギー物質が微量混入する場合があります。
・アレルギー物質に対する感受性には個人差があり、微量な混入でも発症することがあります。
最終的な判断は、専門医にご相談のうえ、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。
・メニュー、原材料等の変更に伴い、情報は予告無く変更されますのでご注意ください。

麺類
トッピング
サイドメニュー
その他